マンションなどの出入口運用例

ハンズフリー運用を実現
手荷物などを一度置いて
鍵や暗証番号を入力
顔を向けるだけで本人確認
簡単スムーズな出入りが可能に

店舗などの出入口運用例

VIP顧客来店対応を実現
お客様にお会いしてからの応対開始
従業員の経験や会員カードなどでご本人様を確認
お伺いしての応対や事前準備が可能に
顔認証でご本人様にお会いする前に確認

会社などの従業員出入口運用例

混雑の緩和を実現
(朝晩などのピーク時間)
受付員や警備員などが本人確認
顔を向けるだけで本人確認
出入の時間や人員コストを削減

マンションなどの駐輪場出入口運用例

ハンズフリー運用を実現
自転車や手荷物などを一度置いて
鍵や暗証番号を入力
顔を向けるだけで本人確認
簡単スムーズな出入りが可能に

顔認証カメラは、カメラ映像の中から顔を検出し、あらかじめ登録した顔情報との照合・通知を行う製品です。

カメラ映像を利用しての認証により、カギやカードなどの物理認証と比較し、非接触で自然な認証を行うことが可能です。

ユーザーに威圧感を与えずにセキュリティレベルを向上させることができます。

カメラ単体での顔認証

顔認証専用のサーバー機(パソコン)は不要
従来型の製品からのコスト削減が見込めます
*サーバー機と組み合わせることで機能を拡張させることができます


最大8人同時認証

複数人の顔情報をリアルタイムで識別混雑時の運用にも対応可能

最大10,000人登録

複数のカメラ間で「顔登録情報」を同期することが可能店舗間での顔情報を共有することも可能

ドアの開閉制御

顔認証の結果によってドアの開閉や回転灯の動作などのアラーム通知を行うことができます。

  • 事前に登録した顔情報と照合・ドアの開閉を制御
  • 導入済み「入退室管理システム」との連携も可能

詳細は製品写真をクリック!
製品カタログ(JVS-AVD01)の
ダウンロードはこちらをクリック