GV-Center V2 Pro

  • 概要
  • 機能
  • 主な機能
  • 仕様

概要

GV-Center V2 Proソフトウェアは、GVシステムで発生した動作検知・I/O検知などのイベント発生時のカメラ映像を受信することができるイベントモニタリングを目的としたソフトウェアです。
「Professional版」では、同時に「500台のGVシステム」に接続することができ、「800台のカメラ映像」を受信することができます。


機能
GVシステム(GV-DVR/NVR/IPカメラ)上で設定した通報イベント(動作検知・I/O検知など)が発生すると、リアルタイムにGV-Center V2が導入されている管理センターへイベント内容とカメラ映像が送信されます。
これにより、レコーダーから離れた管理センター側で異常時のカメラ映像と通報内容一括で管理、対応することができます。

通報イメージ


管理機能
最大500台のGVシステムおよび800台のカメラとの接続、管理が可能
動作検知、I/O検知などのイベント発生時、対応するカメラ映像、イベント情報を受信
接続されたGVシステム情報の表示
双方向音声
リアルタイムI/Oモニタリング
イベント情報通知機能
録画映像のキーワード検索機能
PTZカメラ操作対応
I/O操作対応
GV-Center V2 Proアカウント情報の設定
GVシステムとの未接続状態の自動検知機能
画像ロス、移動体検出、 I/O接続切断、 I/O検出、ネットワーク切断、加入者のログイン/ログアウト、監視システム異常、重要物移動検出、不審物検出、POS異常取引、HDD空き容量不足などに関するイベント通知機能
ネットワーク切断時のリトライ機能
画面解像度 :1024x768または1280x1024
カメラ表示サイズ: 320x240 / 640x240 / 640x480
1画面表示時の画面分割数: 6/15/24x, 6/12/24x
複数画面表示時の画面分割数: 9/25/36x; 9/20/42x
デュアルモニタ表示対応: 例.画面1.ライブ映像表示、画面2.イベントリスト表示


イベントリスト機能
イベントリスト内イベントメッセージ内容: アラーム、添付画像ファイル、接続状況、モーション検知、加入者接続状態 ログイン/ログアウト、システム状態、モジュール検出など
イベント発生時のカメラ映像保存
イベント情報の検索機能
Access形式でのバックアップ
重要イベントへのブックマーク機能
検索条件によるイベントログの絞込み


録画機能
自動録画
プリ/ポスト/アラーム録画機能
モーション検知またはI/O検知時の自動録画
各イベント発生時のカメラ映像録画
HDDリサイクル機能


GV-Center V2 Pro

機能

GV-Center V2 Pro

最大チャンネル数

800

最大サーバー数

500

最大センサー / アラーム接続数

72,000

リアルタイム音声監視

対応

遠隔 PTZ 制御

対応

遠隔 I/O 制御

対応

自動録画

対応

イベントリスト表示

対応

イベントリスト検索

対応

デュアル表示

対応

ネットワーク切断時の自動再接続

対応

最低限必要となるシステム環境

OS

Windows XP / Vista / 7 / 8 / Server 2008 / Server 2012

CPU

Core i7 2600, 3.4 GHz

RAM

8GB (デュアルチャンネル)

HDD

1 GB

VGA

AGPまたはPCI-Express接続,1024 x 768, 32ビットカラー対応

Direct X

9.0C

ハードウェア(USB)

外付けまたは内蔵型USBドングル

注意
  1. ライセンス認証用USBドングル(キー)は、下記の組み合わせで提供可能ですが、システムの負荷を考慮し、基本1台のコンピュータで「1ソフトウェア」の動作をお勧めいたします。
    • GV-Center V2 Pro
    • GV-Center V2 Pro + GV-Vital Sign Monitor (VSM)

  2. GV-Control CenterとGV-Center V2 Proを1台のコンピュータで動作させることは推奨しておりません。
注: 予告なく仕様が変更になる場合がございます